気まぐれ日記

24/07/05
7月に入って
久しぶりに喉がやられ
安静中。

カフェで仕事する中で
冷房が直に来る席で
長時間やっていたのが
おそらく原因かなと。

油断大敵。

席(咳)に気をつけよう。

というお話でした。

24/06/18
無事に54歳を迎えました。

皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。

どんな54歳を過ごすか。

私の仕事はおそらく独特の
知力・体力・想像力が必要。

年齢的にも限りがある。

自分の夢を果たすために
これからは
自分の時間を
できるだけ多く取って
本来の自分のペースで
やれるように
シフトしていきます。

娘には寂しい思いを
させるかもしれない。

でも
父親の仕事を
理解してもらうしかない。

父親の頑張る背中を
見せることが
大切だと信じます。

仕事で輝く私の姿を
目に焼き付けてほしい。

そのためにも
輝きます。

24/05/25
書き忘れていた先日の話

小学校コンサートツアーで
佐世保市の黒島に行きました

今回初上陸

小さな島ですが
ここはクリスチャンが多く
そのせいか穏やかな人が
多いとか(島住民談)

クリスチャンは特に
奉仕の精神が強いように
感じますが(私の感想)

コンサートには住民の方も
お見えになって
温かな楽しいひとときでした

終演後に全校児童と
給食をいただきながら
帰りのフェリーまで
時間があったので
島巡りをすることに

児童の皆さんが
おすすめスポットを
8箇所も教えてくれて
それでも車で行けば
充分まわれました

そのひとつ
展望台について
おすすめのとおり
素晴らしい風景でしたが
そこでひとりの年配の女性が
草むしりを黙々とされていて
その姿に感動して
お声かけしたんです

すると私を見上げて

「あら!いっちゃん」

先ほどコンサートに
お見えになったご婦人

コンサートが
とても感動したと
笑顔で熱弁してくださり

私も私で
おひとりで草むしりを
ボランティアでされている
そのお姿に感動したと
お伝えして

お互いに笑顔で
しかも快晴の景色と共に
気持ち良い時間となりました

誰に認められるわけでもなく
それでもあの展望台に
誰かが来てくれた時
気持ちよく過ごしてほしい
そんな思いだけで
草むしりをするあの方

ああいう方が
絶対に幸せになれる
そんな世の中であってほしい

あの方は
絶対に天国に行ける

アーメン

24/05/09
先日のボクシング
井上尚弥VSルイス・ネリ
の試合を拝見しました

東京ドーム43,000人

一番安いチケットで
11,000円

一番高いチケットは
220,000円

ほぼ完売だったそうで

これにプラス
ネットでの視聴が
3,960円

売上は30億円を超えるとか

そして井上選手の
ファイトマネーは
10億円を超えたらしい

これだけの巨額イベントを
背負っているので
気負いがあって当然

初回のダウンも含めて
試合内容は
それに見合うものだった
と思います

もちろん
世の中お金が全てでは
ないけれども
プロスポーツですから
興行の側面は当たり前

それで稼ぐ以上
それ以上の
パフォーマンスは
当たり前

また来たい
また期待

と思われるのがプロ

あらためて
心に刻んでおこう


24/04/07
水原一平の疑惑のひとつに
学歴詐称というのがあり
その括りで
ネットで思い出され
再注目されている人物が

ショーンK

端正な顔立ちと
流暢な英語と
低い落ち着いた声と
綺麗なコメント

当時は私も
テレビを観ながら
好感を持っていた

そんな彼が実は
学歴が全くの嘘で
その結果
全ての番組を降ろされ
メディアから姿を消した

中学高校時代は
いつもホラを吹いていたので
あだなが

ほらっちょ

だったというのは
もはや笑えるエピソード

そんな彼が再注目され
動画サイトなどで
彼の活躍当時の様子が
観られるのですが
顔といい声といい
英語力も含めて
実際素晴らしいです

彼は嘘をついたけれども
おそらくそれを隠すため
相当な努力もしてきたはず。

でも世間で目立つためには
実力だけではどうにもならず
自分をよく見せたい

学歴という高級羽織が欲しくて
ブランドのコピー商品を
身につけていたような
そんな感じかも知れません

肩書きが外れた時にこそ
その人の本当の評価がわかる

これもまあ
一つの真理でしょうけど


私の学歴ですが
最終学歴が

慶應義塾大学大学院
修士課程修了

となっています

実はちょっと学歴詐称です

本当は、その上の
博士課程まで進んだのですが
それを中退しました。

ですから正確には

慶應義塾大学大学院
博士課程中退

が最終学歴です

まあでも世間的には
全く批判されないでしょう

上を切っただけですから

しかも私は
学歴とは全く関係ない形で
この仕事を続けていますから

そこが私の
魅力ですぜ




24/04/02
あっという間に新年度。

歳を重ねる度に
時間が速く感じるのは
脳内のデータが
圧縮されていくからだと
ずっと前から
思っていましたが
どうなんでしょう。

毎年123月は
次年度の準備などで
結構カリカリイライラと
するのですが
今年はあまりしませんでした。

これも歳を重ねたせい
なのかもしれません。

私みたいに
フリーランスで仕事をしている
人間にとっては
スケジュールが埋まらないと
不安になるものです。

サラリーマンと違って
何の保証もないですから
本番がない=お金が入らない
という直結型ですものね。

そんな中でも私は
とても恵まれた人生で
それもこれも

「ご縁」

に助けられてきたと
その一言に尽きます。

ひとつひとつの出会いを
私なりのペースで
大切にしてきた結果だと。

決してマメではないので
それほど人に時間を割くことも
ないのですが。

例えば、筆マメでもないし。

でも、その時の
「出会いの感覚」を
とても大事にしています。

それは「人の選び方」
という話になるかな。

「この人は自分にとって
利益のありそうな人だ」

という選択眼で接する人は
見れば分かるので
(分かるようになったので)
まずそういう人とは
深くは関わりません。

ですから当然
私自身もそういう視点で
人を選び
接することはないです。

損得で人は選ばない。

結局はですね
そういうところで
人は信頼を失ったり
信頼を得たりするんです。

そんな生き方が
今の私の幸せに
繋がっているのだと思います。

感謝、感謝。

24/03/08
先日からのお話を少しずつ。

16年間お世話になった福工大の司会を
自ら卒業しました。

吹奏楽団の卒業生A君。
彼は在学中に私の司会を見て
私に憧れてくれて、数年前に卒業後
現在、フリーのMCとして
頑張っています。

彼の司会をまだ見たことはないですが
私と同じ3ピースのスーツを着て
原稿も見ないスタイル、
私の真似をしているらしいです。

可愛いですね。

そして、今回卒業する
4年生のB君。

彼は鹿児島情報高校在学中に
そこで司会をしている私を見て
その時から憧れてくれたらしく
その後、私が司会をしている
福工大に入学しました。

この春卒業後に上京し
プロのMCを目指すそうです。

可愛いですね。

そんな2人がプロとして
頑張ろうというのですから
私として応援できる形のひとつ
として司会の席を譲りました。

今後はどちらか順番に
あるいは2人でやっても
面白いかもしれませんね。


私の司会のスタイルは
全国どこを見ても無いらしく
いろんなプロの演奏家たちも
私の司会に感動してくれます。

つまり私は
パイオニアとしての自信を
もっています。

そして
私が作った道を
歩きたいと思ってくれた
若者達が出てきたのです。

こんなに嬉しいことはない。

いずれは彼らには
私を超えてもらわねばなりません。

でないと発展しないからです。

そのためには同時に
私自身も彼らに簡単に
超えられないようにしないと
いけないのです。

でないと発展しないからです。

吹奏楽やクラシックの
コンサートのお客様が
もっと増えていくために
できること。

それは演奏だけでなく
演奏会MCにも
その役割があるのです。

それを私は
ずっと独りで
ポリシーをもって
やってきました。

これまで私は
オンリーワンでした。

しかしこれからは
ナンバーワンとして
輝かなければなりません。

日本一の演奏会MC

最近そのように
言われます。

ありがたいです。
うれしいです。

だからこそ
日本の音楽芸術の
発展のために
がんばりますよ。

応援よろしくお願いいたします。


24/02/03
先日母の誕生日でした。

私自身も親になって
親ってなんだろうと
いろいろと思うところあり

例えば
加害者の親
被害者の親
という立場になった時
親として何を思うか

状況にもよるし
言葉にするのは
とても難しいのですが

例えば
子どもが加害者だったとしても
親がその子を愛してあげたい
と思うことを
許してあげたいと思うのです

加害者のことは許せなくても
加害者の親が
自分の子を愛することを
許してあげること

どんな時でも
親はいつでも子を愛している
そんな親でいたいと思うし
そんな親ばかりだったら
そもそも起こらなかった犯罪は
とても多いのではないかと

つまり
親だけは
どんなことがあっても
その子を肯定してあげる存在
であり続ける覚悟をもつ

これが
親ということかな

そこにあるのは
世の中が定義した
正義や倫理を超えた愛

私は母から
もちろん父からも
そんな愛を
ずっともらっているなと

この年になって
自身が親になって
やっと気づいたかな

これからも元気で
長生きしてほしい


24/01/25
昨日に続き日記更新
(珍しい)

大変遅くなりましたが
今年の目標は
「龍道(じゃどう)」
にしています

長崎の祭り「くんち」で
龍踊(じゃおどり)
というように
龍(じゃ)と読みます

特殊ですね

私が生業にしている
司会や音楽など
いずれも
専門教育を受けず
独学で今に至ります

専門家からすると
「邪道」でしょうね

でも、それが私

自分で試行錯誤して
いろんなご縁に恵まれ
評価していただき
今に至るのです

ありがたい限りです

「邪道でも龍道になれる」

そう信じて堂々と
笑顔で生きていきます


24/01/24
ここ1年ぐらいかな。
SNSの更新も
少し遠慮がちでした。

例えば演奏会司会などは
全く写真をアップせず。

これには
いろいろとそれなりに
理由がありますが
まあそれはさておき

今年からまた少しずつ
アップしようかなと。

この気まぐれ日記も
こっそり少しずつ
更新頻度を上げていこう

これをひとつの
今年の目標にします

っていうか
もう1月も終わり
ですけどね。


携帯でご覧の方は戻るキーでお戻りください。
PCでご覧の方はブラウザの閉じるボタンで閉じてください。